ルイ ヴィトン 財布 バッグ ダミエ ヒストリー > ルイ ヴィトン ダミエ バッグ

【ルイ ヴィトン ダミエ バッグ】の記事一覧



ルイ ヴィトン ダミエ バッグ

ルイ ヴィトン ダミエ バッグの歴史をさぐります!

 グリ・トリアノン・キャンパスの布地を貼った旅行用トランクの偽物が大変多く出回ってしまったのでルイ・ヴィトンは、新しくレイエ・キャンバスで有名な赤とベージュの2色の布地を使い偽物対策を試みました。
しかし、またしてもルイ・ヴィトンが試みた赤とベージュの2色の布地を使った偽物が出回ってしまったのです。
それでも、ルイ・ヴィトンはめげることなくルイ・ヴィトンの独自性を活かしたビジネスを発展させていき、少しずつではあるがルイ・ヴィトンの作るトランクの売り上げは偽物に負けることなく伸びていきました。

 1880年にはルイ・ヴィトンの息子(ジョルジュ・ヴィトン)がJosephine Patrelleという女性と結婚し、その入籍した当日にルイ・ヴィトンは入籍のお祝いとして息子のジョルジュ・ヴィトンに2代目を継がせスクリーブ通りのお店を任せました。
その結婚から3年後には、ルイ・ヴィトンにとって待ちに待った孫(ガストン・ヴィトン)が産まれルイ・ヴィトンはお祖父ちゃんとなりました。

 ルイ・ヴィトンは1885年にロンドンへとブランドとしてのビジネスを発展させていき、その3年後の1888年にはルイ・ヴィトンの息子であるジョルジュ・ヴィトンが茶褐色とベージュの色をつけたチェス盤の柄に、ルイ・ヴィトンの名前が入っているダミエ・ラインというデザインを考えつき作製しました。
ジョルジュ・ヴィトンが考え作製したダミエ・ラインというデザインのヒントとなったのは、なんと日本の文化だと言われています。

 この当時のヨーロッパの貴族や大富豪などの間では、日本文化が大流行しておりジョルジュ・ヴィトンはそこに目をつけヒントを得たのです。

ルイ ヴィトン ダミエ バッグの歴史を読んでいただきありがとうございます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。