ルイ ヴィトン 財布 バッグ ダミエ ヒストリー > ルイ ヴィトン モノグラム 財布

【ルイ ヴィトン モノグラム 財布】の記事一覧



ルイ ヴィトン モノグラム 財布

ルイ ヴィトン モノグラム 財布の誕生にはルイヴィトンの華麗なる歴史が関係あります。

1860年には、ルイ・ヴィトンの作る旅行用トランクが徐々に売れるようになり生産が間に合わなくなっていきました。そこで、ルイ・ヴィトンはパリ郊外にあるアニエール市というところへ工場の規模を広げるために移転することにしました。今もなお、その場所には工場があり運営され続けています。(このような事が歴史あるヴィトンの魅力でもあります。)


工場を移転して7年後の1867年には、世界博覧会で銅メダルを受賞したこともあり世界的にルイ・ヴィトンの作る旅行用トランクが好評となりました。

何故そこまでルイ・ヴィトンの作る旅行用トランクが好評になったのかというと、この時代のヨーロッパの皇族・貴族などといった位の高い人たちの間で大西洋を横断するという旅行が大流行だったからなのです。なので、ルイ・ヴィトンの作る旅行用トランクがすばらしい品質の商品だという噂を聞きつけたエジプト総督のイスマーイル・パシャやロシアのGland Dude Nicholas・スペインの王様アルフォンス11世などといった世界的な大富豪や権力者に旅行用トランクを発注するほどまでになりました。

また、その中でも、世界的に一番よく知られている人物ナポレオン3世その奥さんもルイ・ヴィトンの旅行用トランクを愛用していました。

しかしながら、残念なことにいつの時代でも有名になればなるほど偽物が出回ってしまうのは付き物です。

ルイ・ヴィトンの作るグリ・トリアノン・キャンパスの布地を貼ったトランクもまた偽物が出回ってしまうという残念な結果になってしまいました。

ルイ ヴィトン モノグラム 財布をお読みいただきありがとうございます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。