ルイ ヴィトン 財布 バッグ ダミエ ヒストリー > ルイ ヴィトン ダミエ 財布



ルイ・ヴィトン ダミエ 財布

ルイ・ヴィトン ダミエ 財布を知るために、まず!ルイヴィトンの歴史を紹介します。

現在では、財布バックなどでよく知られている一流ブランド 「ルイ・ヴィトン」、その生みの親であるルイ・ヴィトンの歴史を簡単に紹介していきます。

実は、ルイ・ヴィトンは生きている間にはあまり評価されず、歴史に名を残している数多くの芸術家などと同じようにルイ・ヴィトンもまた亡くなった後に一流ブランドとして高く評価されるようになりました。

ヨーロッパの山岳地帯であるスイスとフランスの国境近くのジュラ山脈にある村々のひとつにアンシェイ村という村があります。
そのアンシェイ村で1821年2月2日に、後々世界的に有名となる一人の天才が産声をあげました。
その新たな命の名前はルイ・ヴィトンです。

それから、14年の歳月が経ち14歳になったヴィトンは義理のお母さんとの仲が悪く、その為ごく僅かなお金を握り締め家を飛び出してしまいました。
なんと、向かった先はアンシェイ村から400Kmも離れたパリでした。
しかも、当時は現在ほど交通機関が発達していなかったのでルイ・ヴィトンは2年もの年月をかけて400Kmの長い道のりを自分の2本の足だけを頼りにパリへ向かいました。
この長い道のりが後に、ルイ・ヴィトンにとって栄光へと続く道になるのです。

ルイ・ヴィトンがパリへ到着して17年後、33歳になったルイ・ヴィトンは17年間鞄職人の下で修行を積んだ経験を活かしてルイ・ヴィトン自身の工場を建て灰色のキャンバス地で防水性に優れとても軽量な旅行用トランクを作るためグリ・トリアノン・キャンパスを取り入れ生産しました。
また、工場を始めた同じ年にエミリーという女性と結婚し、その3年後には息子(ジョルジュ・ヴィトン)が誕生しました。

ルイ・ヴィトン ダミエ 財布をお読みいただきありがとうございます。

ルイ ヴィトン モノグラム生地が誕生

1892年2月27日に一つのトランク工場を作りブランドとなるまでに成長させたルイ・ヴィトンが亡くなり、その後のルイ・ヴィトン社をルイ・ヴィトンの息子ジョルジュ・ヴィトンがルイ・ヴィトンの跡を継ぎ会社の全権を握ることとなりました。

そして、ジョルジュ・ヴィトンは全世界の国々へとルイ・ヴィトン社の商品をさらに推し進め発展させていきました。

また、ジョルジュ・ヴィトンは1893年にシカゴで開かれた世界博覧会にルイ・ヴィトンのトランクを出品したり、フランス語に訳すと旅という意味をもつLe Voyageというタイトルの本を出すなどしてルイ・ヴィトン社のブランドとしての名を世界中に押し広めていきました。

1896年に、ジョルジュ・ヴィトンは新たに星と花をイメージした柄にジョルジュ・ヴィトンのお父さんであるルイ・ヴィトンの頭文字をとって『LV』と書かれたモノグラム・ラインという布地を発表しました。

このモノグラム・ラインというデザインの布地は現在でもバッグや財布などに使われており、多くの方に支持され愛され続けています。

また、ジョルジュ・ヴィトンはモノグラム・ラインという布地を発表した後、自由の女神でよく知られているアメリカ合衆国へ船に乗って旅行をしました。

その旅行中に立ち寄ったニューヨークやシカゴ、フィラデルフィアなど、いろいろな都市や町・村でジョルジュ・ヴィトンはルイ・ヴィトン商品を売ったりもしていました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。