ルイ ヴィトン モノグラム バッグ

ルイ ヴィトン モノグラム バッグについてルイヴィトンの歴史から魅力を探ります。

 ルイ・ヴィトンの息子のジョルジュ・ヴィトンが考え作製したダミエ・ラインというデザインは、現在のデザインの基盤となっていて一時期販売を中止していたのですが、モノグラム・キャンバスが作られて100年目の記念として1996年に再びダミエ・ラインが発売されました。
モノグラム・キャンバスというのは、星と花の柄にルイ・ヴィトンの頭文字が入ったもので現在でも売られています。

 ジョルジュ・ヴィトンがダミエ・ラインというデザインを考え作製した翌年の1889年には、パリで行われた世界博覧会でルイ・ヴィトン社になんと金賞が授与され、このことにより益々ルイ・ヴィトンが作製した商品の評判が世界中に広がっていきました。

そして、それに比例するように人気をも世界中から集めていきました。しかし、金賞を受賞し喜ばしい反面またしても偽商品が出回ってしまうという騒動が起こってしまいました。
しかも、この時にはルイ・ヴィトンの作る商品は以前にも偽物騒動が起こっていたこともありルイ・ヴィトンとしてのブランドを確固たるものにし既に商標登録済みでした。

 1892年には、旅行用トランクの他にもハンドバックなどを販売することにし、ルイ・ヴィトン社初の旅行用トランクやハンドバックなどが採り上げられた商品カタログを世に送り出しました。
その同じ年の1892年2月27日に、ルイ・ヴィトンは自宅で家族に看取られながら71年に及ぶ栄光あるすばらしい人生に幕を閉じました。

ルイ ヴィトン モノグラム バッグをお読みいただきありがとうございます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。